人生ハードモード

過激派気味のオタクのイベ備忘録と戯言。

ヒプマイ初心者がヒプステtrack2を映像配信で観劇した

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- Rule the Stage -track.2- @ニコ生配信 初日分のTS

こんにちはこんばんは。

延期後、日程が合わずなくなく見送ったヒプステ。
全公演配信かつ、公演ごとにカメラワークが違うというサービスっぷり。
舞台もライブもなんですが、円盤買っておきながら映像でなまものの催し物を見るのが苦手なので、配信チケット買ってまでは良いかなぁと思ってました。

思ってました。







オタクは逃がしてくれなかった。

f:id:zucca159:20200817150329j:plain


マジで口座に入ってやがる


もう逃げられないので見ます。

※ヒプマイはざっと曲とキャラ知ってるぐらいで設定ミリしらです

ざっくり説明

今回はtrack2ということで1があるわけです。

1の時点で思ったよりめちゃくちゃ良かったと手のひらクルーしたオタクが多かったイメージ。

主なチームが4つあり、1では池袋、横浜、本作渋谷、新宿のそれぞれのチームに焦点があたっています。
ちなみに決定済のtrack3では追加戦士的ポジションの大阪と名古屋がメインとなります。

今回唐突に2500円握らせてきたオタクは元々ヒプノシスマイクが好き+新宿ディビジョンの神宮寺寂雷役の鮎川太陽さんを推している方なのでまぁ圧がヤバい


各ディビジョン所感

渋谷 Fling Posse

ヒール枠だった。
というか私はヒプノシスマイクくんのこと、チーム事にいがみ合ってるけど共通の敵(本作であれば中王区)に対しては限定的な共闘をするハイロー的なあれかと思っていた(なおハイローもミリしらである。)

渋谷のリーダーの乱数と新宿のリーダーの寂雷が仲悪いのは知ってたけど想像の数百倍乱数から寂雷へ対するヘイトが物凄かった。

ミリしらが故に、「乱数、おめェ、無花果さん*1と繋がってんの??????」となったけど、これ初見とミリしら絶対困惑しない????????????



新宿 麻天狼

完全に今回の主人公だった神宮寺寂雷先生。
そして狛犬してた一二三と独歩。

先生の酒癖めっちゃ悪かったですね…あれは公式にある設定なんでしょうか…

浅草 鬼瓦ボンバーズ

浅草……????
そう、2.5版ヒプノシスマイク、なぜかオリジナルのディビジョンがある。
前作track1では赤羽がいた。
なぜ赤羽だったのだろう、大宮じゃいかんのか。
track3は関東圏内ではなく、名古屋と大阪(新幹線で1時間弱)の距離感。

赤羽のビジュアル発表の時もだったんですけど、既存のキャラたちのビジュアルの色彩色相がめっちゃビビットだったり、特徴的な見た目をしていることがあって、2.5版オリジナルディビジョンの人たち、少しパンチが足りない。
つまり、顔と名前が一致していないのでおる

チーム名の由来、元々やってた野球チームの名前だそうです。
酒と祭りとその他諸々楽しく生きてる気前の良い兄ちゃんたちです。
この説明書いてたらどこぞの無頼漢のこと思い出して胸が苦しい

理由あって新宿の3人組と仲良くなり、浅草の兄ちゃんたちはディビジョンバトルに参加するつもりのない人たちなので「新宿の応援団」を自称したり、マジで良い奴。

マジで良い奴なんだけど乱数に騙されて仲良くなった新宿とディビジョンバトルするし、言葉でぶつかり合って誤解はとけたけどまーーーた乱数が新型(?)のマイク使って今度は記憶抹消。
酒を飲み交わした仲だったはずが急に他人になる、
この世の地獄か
飴村乱数のことを理解していない人たちからの乱数に対するヘイトヤバそう。
私は事前に金握らせてきたオタクからあれよこれよと話を聞いていたので「マジやん!」ぐらいですんだ。
多分雰囲気予習してなんも知らないまま普通に現地行ってたら乱数に対してモヤって終わってた。

金握らせてきたオタクからはお前鬼瓦ボンバーズ好きそうって言われたけど、すまんな、ちょーーーっと惜しかった


雑記

新宿が主人公、渋谷がヒール、浅草が被害者という構図になるわけですが、
ヒプノシスマイクというコンテンツはベースに4つの地区があり、追加戦士大阪、名古屋の計6地区×3人ずつ=18人の人間模様があると思うんですよ。
track.2にかぎった話であれば新宿を中心にお話の構成がされていて、基盤になっている原作(?)のシナリオがあるわけでもなく、舞台版完全オリジナルのシナリオで新規客*2をつかむチャンスに偏りのある中身を上演するのは正直どうなんだろう…というのが正直な感想です。
コンテンツとしてまだまだ先の長い作品だとは思っているので、最初からそれぞれのディビジョンに焦点をあてる全6章構成で、エーステ*3方式の公演でも良かったのでは…???
とはいえ、今回であれば乱数の悪性とか事情を分かりやすく描くために本来関わるはずのない鬼瓦ボンバーズという被害者が必要だったのかもしれませんが。
2.5含め舞台作品を見ることはかなり久しぶりなため「これが2.5」みたいなのが身体から抜けきってしまったのかもしれないし、スタミュスタァライトといった演劇のアニメをこすり続けていて変な先入観が身についてしまったのかもしれない。

そもそもトーナメント制のラップバトルを行っている作品のはずなので、渋谷と新宿、戦わないんだ、って気持ちにもなったり。
開幕の自己紹介タイムはあれど、シナリオ上のラップバトルは渋谷VS浅草(野良試合)と新宿VS浅草(公式戦)なので渋谷と新宿は直接戦ってない。
CD展開は準決勝からだったという見解もできるけどそれなら、追加の大阪名古屋はどこで戦うんだ、首都圏近郊のディビジョンラップバトルはもしかしたら地区予選だったのかもしれない(????????????)
ヒプノシスマイクはラップ界の甲子園だった?(????????????)

まぁきっとtrack3が終われば一周回ってまた池袋、横浜へもどってもう一周くらいはするでしょ!とは思っているのでこんな愚痴は読み流してゴミ箱にポイすりゃいいのである。




か、かんそう……
夢野幻太郎役の前山剛久くんは相変わらずお顔が良かったです……
友達の推しさんもCV速水奨並の貫禄がある佇まいで白衣のヒラヒラもっとはためかせたりしてるとこ見たいです(こなみ)

あとあれだ、起承転結がすっごいはっきりしてたので突拍子もなく話が進んで置いてかれることがあまり無かったのは初心者向けで良かったです。

新宿と浅草のバトルの時に一二三と独歩が2人で立ち向かっていくシーンは胸熱でしたね、ああいうのをもっと見たかった……


ヒプノシスマイク、ビジュアルが派手だから演出ももうちょっと派手だったら私が楽しい(????????????)
なんかこう、
スギャーーーーン

バーン!!!

ドーーーン!!!!!!!!

みたいなやつ
※ヒプマイ初心者はマイクのことを物理兵器か何かだと思っている節がある

それで言えば開幕の自己紹介パートのアンサンブルと乱数の衣装の裾が光っててサイケデリックな感じだったのがめちゃくちゃ良かった!!!!!!!!
ああいうの!キャラクター事の個別演出みたいなの!!もっとちょうだい!!!!!!!!



総括

結局の所、最初に書いた 映像でなまものの催し物を見るのが苦手 というところに起因している可能性が出てきたきがするのです。
この日の公演のためにチケット取った、この日を目標に何とか生き延び、当日迎えて同じ空間にこれから同じ催し物を見る人間たちが集まることによって発生する熱量とか、これから見るんだ!っていう楽しみとか、そういうのがあってやっと「この作品良かった!」って言えるんじゃないかという持論。虚無リンピックノミネート作品はさておき

ただ単に私が、演劇やライブに限らず、映画なんかも含めて、劇場という非日常空間に足を運ぶまでして外界から絶たれないと楽しめない、オンオフスイッチの切り替えが苦手な人間なんだろうなぁという話なので、円盤派の方も配信派の方も石は投げないでください……
これはこれで私も悩みどころなので……





そんな私に朗報。


f:id:zucca159:20200820151306j:plain


どうやらリベンジの機会があるようなので、3月までに18000円貯めようと思います。







クソオタクにマシュマロを投げる | マシュマロ

Twitterで返信してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:中王区っていう元締めのナイスバディな女の人、中の人もナイスバディなたかはし智秋

*2:ヒプノシスマイクは知らないけど出演している俳優は推してるので見に来た人とか、私みたいに友達の付き添いのオタクとか

*3:A3の2.5、春夏秋冬4つの座組があるため公演ごとに春担当、夏担当と分かれていて、シナリオ上必要な登場人物は他組からも出演してる