人生ハードモード

過激派気味のオタクのイベ備忘録

BRAND NEW FIELD

20170929 THE IDOLM@STER Prologue SideM -Episode of Jupiter- 先行上映会



なんかしらんけど当たってしまった

先行上映会、行ってきました。

以前ファスライ当日に上げたクソ文章(あまりにもクソすぎるので気になる方は自分で探してください)にも書いてたきがする話をします。

私別に鷹城恭二役梅原裕一郎がいたから315プロでお仕事始めた訳じゃないんですよ。
当時は寺島拓篤好きだったんで、丁度Jupiterのアルバム出た頃にアイドルマスター知ったんですよ。
なのでOPのアリギルや、途中ながれた(肩こりに効くと噂の)恋をはじめようポーズの曲(曲名度忘れした)はもちろん存じ上げていますとも。
加えてアニマスとムビマスだけは履修済なので961辞めた経緯とか混み混みで知識はちゃんとある状態ではあります。

さてまあ、アイドルマスターSideMがいざリリース、Jupiterメインかのように最初は描かれていたし、顔しかしらない男性アイドルをどうやってプロデュースするなり推すなりしたら良いものかと思いつつやりはじめたわけなんですけど。。。。
ゼロからのスタートとはいえトップアイドルJupiterの力を借りて新人たちを押し上げていくのはどうかと思う(?????)という謎のこだわり発生により全くJupiterには触れてこず、3年が経ちました。


此度のTHE IDOLM@STER Prologue SideM -Episode of Jupiter-の感想話しますね。

めっちゃ良かった

ぶっちゃけ現在配信中のアイドルマスターSideM LIVE ON STAGEのJupiterのストーリー読んでいただければ大体のあらすじになります。

黒井社長のやり方が気に食わなくてフリーとして活動してたJupiterの限界についてのお話でした。

トップアイドルで、ファンも大事にする現在のJupiterの欠点は単純にキャパシティの問題だったみたいです。

出待ちが多いって会場のスタッフから注意

ライブのMCで注意

それでも減らない出待ち

出待ちしてるファン、みんなチケット取れなかった子達だったんですよね。
それにしても民度低すぎないか?

それでまぁ理由あって事務所所属に至るような感じです。


アニマスとムビマスしか履修してないオタクなので、ふつうにめっちゃ良かったというボキャ貧感想しか抱けないのですが、恐らく本家Pは確実にしぬ。
輝きの向こう側へで、Jupiterが出てきたシーンはどこだ。
考えろお前ら。
なお今回のお話では、久しぶりのテレビ収録のオファーがきて彼らは局に足を運んでいる。
あとは分かるな、絶対見てくれ……


あ、最後に、315のプロデューサー走ってきてゼーハーしてる声だけな上にキャスト表に名前見つけられなかったからダメ絶対音感に自身あるニキは特定頼むぜ